多くのプロ野球ファンが知るドラゴンズ歴代選手

歴代選手

中日ドラゴンズは多くの有名歴代選手がいますが、その筆頭は星野仙一投手でしょう。闘志あふれる姿で宿敵巨人に立ち向かう投球は、中日ファンだけでなく、他球団のファンにもその印象を強く植え付けました。昭和49年と57年には選手としてリーグ優勝も経験しました。

また、彼は現役引退後に指導者になってからプロ野球界に大きな影響を及ぼす人物になったのです。1988年と1999年に選手時代を過ごした中日で監督としてチームをリーグ優勝に導きました。また、2001年オフで中日の監督を退任しましたが、すぐに阪神から監督のオファーが来て受諾し、2003年には長年下位に低迷していた阪神タイガースをリーグ優勝する球団にまで成長させたのです。

その後、2013年には楽天の監督としてプロ野球人生初の日本一も経験しました。このような経歴から、星野仙一氏は中日ドラゴンズが生み出した歴代最高のプロ野球選手であり、監督であると言えます。