中日ドラゴンズの試合観戦の楽しみ方

試合観戦

中日ドラゴンズはかつては個性派集団の集まりとも言われた時代もあり、意外性もあって魅力的な部分を好きなファンも多かったのです。2004年に落合監督が就任して以降は、広いナゴヤドームを本拠地とする特性を生かした守り重視の野球をしてきました。その甲斐あって落合監督時代にはリーグ優勝もしました。

本拠地球場の特性を生かした野球をするのはプロ野球の基本でもありますので、中日ファンの楽しみ方としては、ドラゴンズがこの球場でどういった戦いをするかということをチェックすることにもあります。また、ビジターチームがこの球場を非常に苦手にすることもあります。数年前までは阪神がこの球場を大の苦手としており、年間に1勝や2勝しか記録できなかった年もありました。従って阪神ファンの間では、この球場を鬼門と呼んでいました。こういったお得意様を作ってしまえばプロ野球では有利になります。ここで確実に星を稼げば、対戦成績も有利に展開します。